/

この記事は会員限定です

バイオ株は「花の山」か けん引役乏しい日本株

証券部 関口慶太

[有料会員限定]

米国市場で、創薬に特化したバイオテクノロジー株に資金が流れ込んでいる。歴史的な割安水準になった「買い得感」などが背景だ。一方、2月に入ってからは日本でもバイオ株がにぎわう場面が目立ってきた。一見すると同じ現象に見える日米のバイオ株人気だが、背景を探ると彼我のバイオ銘柄の「実力」の違いが浮かび上がってくる。

「バイオ株に集中投資するファンドをつくれないか」。ニューヨークに拠点を置く独立系資産運用会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン