時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

バイオ株は「花の山」か けん引役乏しい日本株
証券部 関口慶太

2018/2/21 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国市場で、創薬に特化したバイオテクノロジー株に資金が流れ込んでいる。歴史的な割安水準になった「買い得感」などが背景だ。一方、2月に入ってからは日本でもバイオ株がにぎわう場面が目立ってきた。一見すると同じ現象に見える日米のバイオ株人気だが、背景を探ると彼我のバイオ銘柄の「実力」の違いが浮かび上がってくる。

「バイオ株に集中投資するファンドをつくれないか」。ニューヨークに拠点を置く独立系資産運用会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム