2018年6月20日(水)

働き方、政権失策で混迷続く 裁量労働、野党は撤回要求

2018/2/22 0:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 厚生労働省の裁量労働制調査に不備が見つかった問題で、同省は21日、野党6党の会合で、不適切なデータ処理を新たに117件発見したと明らかにした。同調査は衆院予算委員会で安倍晋三首相が取り上げて答弁し、野党が反発を強めたばかり。厚労省は働き方改革関連法案に盛り込む裁量労働制の拡大を2020年4月まで1年延期する方向で調整に入ったが、野党は法案の撤回を強く求めている。

 「(従来の施行時期は)昨年秋の提…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正>2月22日0時14分に公開した「働き方、政権失策で混迷続く」の記事中、ユニリーバ日本法人が「裁量労働制度『WAA』を導入した」とあったのは「新人事制度『WAA』を導入した」の誤りでした。(2018/3/1 18:59)

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報