/

米食品スーパー大手、ドラッグストア大手買収 アマゾンに対抗

【ニューヨーク=河内真帆】米食品スーパー大手のアルバートソンズは20日、米ドラッグストア3位ライト・エイドの店舗2500店を買収すると発表した。2018年度後半の手続き完了を目指す。アマゾン・ドット・コムの処方薬販売参入を見据えた動きで、買収完了後の新会社は株式公開も視野に入れる。新会社の売り上げは年間830億ドル(約8兆8900億円)規模となる。

昨年9月にドラッグストア競合大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスがライト・エイドの1900店超の取得で合意しており、これを除く全資産をアルバートソンズが買収する。ライト・エイドの10株に対し、1ドル83セントとアルバートソンズの1株を割り当てる形で手続きを実施する。

新会社は全米38州と首都ワシントンに食品スーパー4900店、ドラッグストア4350店、医療クリニック320カ所を展開する。現在アルバートソンズのスーパー内にある薬局もライト・エイドに名称を変更する。

アルバートソンズは買収ファンドのサーベラス・キャピタル・マネジメントが保有する非公開企業。これまでも株式公開を計画していたが、タイミングを逃していたとされる。アマゾンの処方薬販売参入がささやかれるなか、ドラッグストア業界では再編の動きが活気づいている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン