衆院予算委論戦の主なやり取り

2018/2/20 23:13
保存
共有
印刷
その他

衆院予算委員会集中審議の論戦のポイントは次の通り。

【働き方改革】

阿部俊子氏(自民)裁量労働制に関するデータ問題を説明してほしい。

加藤勝信厚生労働相 大変不適切であり、国民の皆さまにご迷惑をお掛けしたことをおわびする。調査に当たった監督官らにヒアリングを実施していた。

長妻昭氏(立民)データに基づく答弁は、事実と異なる虚偽答弁ではないのか。

安倍晋三首相 厚労省から上がってきた内容を参考に答弁した。それ以上のことではない。精査中の情報に基づいていたので答弁は撤回したが、データ自体を撤回したわけではない。

長妻氏 データの捏造(ねつぞう)ではないか。

首相 私や、私のスタッフから指示したことはない。性格の異なる数値を比較したことは不適切で、深くおわびする。

長妻氏 働き方改革関連法案の今国会提出を見送るべきだ。

首相 (法案提出の)準備をしている。

逢坂誠二氏(立民)撤回した答弁は、過去の国会でも使われた。

加藤氏 私に権限があれば、(塩崎恭久厚労相時代の答弁を)撤回したい。

逢坂氏 政府の議論は一面的だった。法案内容を議論した労働政策審議会をやり直すべきだ。

首相 労働時間などの指導も含め議論した。

山井和則氏(希望)裁量制が長時間労働を助長している。

首相 労働時間が必ず短くなるわけではない。

山井氏 改めて実態調査をすべきだ。

首相 性格の異なる数値を比較したことは不適切だったが、一般労働者、裁量制それぞれの調査結果自体が否定されるものではない。調査をする考えはない。

大西健介氏(希望)何のためのデータなのか。

加藤氏 確認したい。

黒岩宇洋氏(無所属の会)答弁撤回の理由は。

首相 私が判断した。

【森友学園問題】

逢坂氏 安倍昭恵首相夫人は国有地払い下げに関与していないか。

首相 妻は(当時理事長の籠池泰典氏から)土地契約の内容について全く聞いていない。何回も電話があったが、妻はほとんど電話に出ていない。夫人付(政府職員)から籠池氏の要望に沿うことはできないと答えた。ゼロ回答で忖度(そんたく)していないことは明らかだ。

稲富修二氏(希望)野党国会議員が16日、佐川宣寿国税庁長官を訪ねたが、面会できなかった。

麻生太郎副総理・財務相 仙台市などを訪れ、国税局などの職員と意見交換を行った。

【地方交付税】

佐藤ゆかり氏(自民)地方交付税の着実な執行が課題だ。

首相 地方と連携して取り組む必要がある。

【雪害】

浮島智子氏(公明)北陸を中心とした雪害による伝統産業への支援は。

世耕弘成経済産業相 中小企業支援の在り方を考えるように経産省内に指示した。

【介護保険制度】

金子恵美氏(無所属の会)財政難の自治体で介護事業者の撤退がある。

加藤氏 必要なサービスを継続的に受けられるよう対応を講じたい。

【米軍機タンク投棄】

高橋千鶴子氏(共産)訓練をやめるべきだ。

首相 地域住民の安全確保は大前提だ。

【新元号】

丸山穂高氏(維新)早期に公表を。

首相 国民生活の影響を考慮して考えたい。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]