/

「G20、万博誘致にも弾み」 大阪府・市や経済界歓迎

政府は20日、2019年に日本で初めて開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の舞台に大阪を選んだ。誘致を目指してきた大阪府・市や経済界からは同日、喜びの声があがり、25年の国際博覧会(万博)誘致に向けたアピールや都市の国際的知名度アップにつながるとの期待が膨らんだ。

大阪府の松井一郎知事は「日本には東京だけでなく、大阪という都市があることを世界に知らしめる絶好の機会」とするコメントを発表。府は万博開催も目指しており、府幹部は「大きな国際会議を開ける都市だという証明。万博誘致にとっても良いアピールになる」と強調した。

府と共同でG20や万博の誘致を進める大阪市の吉村洋文市長も「万博に向け世界への貢献を目指す大阪が、日本初のG20サミットを開催するにふさわしい都市として評価いただいた」と述べた。

「大阪の知名度を上げ、関西の魅力を世界に発信し、経済をさらに活性化させる絶好の機会になる」と歓迎するのは関西経済連合会の松本正義会長。関西経済同友会の黒田章裕代表幹事は「関西を訪れる外国人の4分の3は東アジアから。G20開催で大阪の魅力が世界に発信され、欧米諸国からの観光客の増加に期待したい」と話した。

大阪商工会議所の尾崎裕会頭は「空港アクセスの良さや会議場、宿泊施設など首脳会議の開催にふさわしい大阪の『都市力』が評価された」と受け止めた。

大阪府・市は17年11月に開いた「副首都推進本部会議」でG20首脳会議の誘致を正式決定。会議では、会場を国際展示場「インテックス大阪」(大阪市住之江区)にすることや、大阪が選ばれれば府市と経済界による推進組織を18年度に設置することなどを決めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン