東武鉄道、リッツカールトン日光の安全祈願法要

2018/2/20 23:00
保存
共有
印刷
その他

東武鉄道は20日、高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン日光」(栃木県日光市)の建設工事安全祈願法要を行った。ホテルは13日に着工済みで、2020年1月末に完成、同年夏に開業する予定だ。総工費は100億円強。根津嘉澄社長は国内外の富裕層の呼び込みに意欲を示した。

安全祈願法要に参列した根津嘉澄社長(右)(20日午前、栃木県日光市)

法要はホテルの建設地に近い奥日光・中禅寺湖畔の中禅寺立木観音で実施した。参列した根津社長は「非常に晴れ晴れとした気分。早くオープンし多くのお客様が来てくれるのが楽しみ」と話した。

ホテルは東武鉄道が建物を所有しホテル世界大手の米マリオット・インターナショナルが運営する。16年まで営業していた日光レークサイドホテル跡地に建て、94の客室や、露天風呂付き大浴場などを備える。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]