/

くまモン、県内企業の海外使用料は無料に

熊本県は宣伝キャラクター「くまモン」の著作権使用料について、県内の企業が輸出する関連商品については無料にする方針を決めた。年度内に詳細な条件を詰める。

県はくまモン関連商品の製造・販売を海外企業にも解禁する方針を年初に打ち出し、海外企業から小売価格の5~7%、熊本県関係の企業などが海外で利用する場合にも3~5%を著作権使用料として徴収する考えだった。

ただ国際的に競合が激しくなることが予想されるほか、費用負担の発生に対して地元企業から大きな反発が出たため、優遇策を打ち出すことにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン