/

「剣璽等承継の儀」、神器や印を引き継ぎ

政府は皇太子さまが新天皇に即位する2019年5月1日に皇位継承の証しを引き継ぐ「剣璽等承継の儀」を開く。歴代天皇に伝わる三種の神器のうち剣と璽(じ=まがたま)、公務で使う天皇の印の御璽(ぎょじ)、国の印の国璽(こくじ)が新天皇に引き継がれる。

三種の神器は皇室経済法が「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」と定め、相続税法で非課税の対象だ。存命中の天皇が退位して引き継ぐ場合は法律上の規定がなかった。17年6月に成立した天皇陛下の退位を実現する特例法が贈与税も非課税と定めた。

残る神器の鏡は伊勢神宮にあり、皇居・宮中三殿に分身が置かれている。御璽は天皇の署名がある詔書や法律、条約などに、国璽は勲章の証書である勲記にそれぞれ押されて使われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン