米バイオジェンCEO、認知症薬で「成功報酬型の支払制度の導入検討」

2018/2/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米製薬大手バイオジェンのミシェル・ヴォナッソス最高経営責任者(CEO)は20日、開発中のアルツハイマー型認知症治療薬について、効果に応じて患者に支払いを求める成功報酬型の導入を含め検討していることを明らかにした。日本で認知症患者の治療や介護にかかるコストは14兆円以上とされる。「患者に薬を届けるため持続可能な制度を考える必要がある」と話した。

都内で日本経済新聞の取材に応じた。開発中のアルツハイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]