2019年6月20日(木)

西宮市長辞職、市議会が同意

2018/2/20 12:53
保存
共有
印刷
その他

兵庫県西宮市議会は20日、同市の今村岳司市長(45)が19日に議長に提出した辞職願に同意した。退任は20日付。この日は「体調不良」を理由に登庁しなかった。1月に取材中の読売新聞記者に「殺すぞ」と発言し、批判が集まっていた。退職金を減額する議案の協議が進んでいたが、5月の任期満了とほぼ同額を受け取ることになった。

市議会は市長のこうした言動に反発し、市のイメージダウンも懸念。退職金約2840万円から3割カットする案も出ていた。20日に退くことになり、退職金は約2720万円となった。

減額議案の協議中に辞職願が出たため、各会派で話し合った結果、辞職願の同意手続きを優先し、議案は議決しないことになった。20日の市議会本会議で同意した。

今村市長は1月4日、仕事始め式で次期市長選への不出馬を表明した際、確認を求めた新聞記者に「殺すぞ」と話し、取材を拒否した。

19日に記者会見した西宮市の副市長らによると、今村市長は減額案について「懲罰的」として、納得がいかない考えを示していたという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報