2019年4月26日(金)
スポーツ > ニュース > 記事

「道つくる」恩師との約束刻み、チーム創設 快進撃支える本橋
カーリング日本女子

2018/2/20 11:11
保存
共有
印刷
その他

平昌五輪カーリング女子日本代表の「LS北見」が快進撃を続けている。チームを支えるのは、3度目の五輪となる主将の本橋麻里選手(31)だ。故郷に戻ってゼロから立ち上げたチームは当初、スポンサーや選手集めなど苦難の連続だった。「道をつくる」。亡き恩師と交わした約束を心に深く刻み、チームを引っ張っている。

チームと練習するカーリング女子の本橋選手(中)(13日、江陵)=上間孝司撮影

本橋選手をカーリングに誘ったのは、2017年5月に88歳で亡くなった小栗祐治さん。本橋選手の故郷、北海道北見市常呂町でカーリングを普及させた初代常呂カーリング協会会長だ。小栗さんがカーリング場で遊んでいた本橋選手に「練習すればうまくなるよ」と声をかけたのがきっかけだったという。

「ジュニア時代から安定したショットは健在で、チームを引っ張っていた」。日本カーリング協会強化委員会副委員長の敦賀信人さん(40)は振り返る。同世代の中では頭一つ抜けた実力だったという。

05年には故郷を離れ「チーム青森」に加入。「マリリン」の愛称で親しまれ、トリノ、バンクーバー両五輪への出場を果たすが、いずれも1次リーグで敗退した。

バンクーバー前、本橋選手は小栗さんと約束した。「お前が地元で頑張って、道をつくって引っ張ってくれないか」。五輪後の10年8月、本橋選手は地元の常呂町に戻ってLS北見を創設した。結成時のメンバー、馬渕恵さん(34)は「地元に有名人が帰ってくると町中の話題になった」と思い出す。

だが順風満帆だったわけではない。スポンサーの支援体制や練習環境は整備されておらず、本橋選手は練習の合間に慣れないスーツを着て、スポンサー集めなどの事務作業にも奔走した。「他の選手が練習に集中できるよう、裏方の仕事を全てやってくれた。大変な中でも常に笑顔を忘れず、プレーしやすい環境づくりを進めてくれた」(馬渕さん)

チームの転機はソチ五輪後に訪れる。ソチ五輪で5位入賞を果たした吉田知那美選手(26)と中部電力でエースだった藤沢五月選手(26)が加入。2人とも北見市に実業団がないため故郷を離れていた選手。敦賀さんは「本橋選手は自分がリザーブに回ってでも五輪に出場したいという強い思いを感じた」と言う。

15年に長男を出産し、カーリングと育児を両立するようになったことも「自分よりチームのために、という思いを一層強くさせたのではないか」(馬渕さん)。

今大会もハーフタイム中、チームメートに「我慢だね」などと鼓舞。ソチ五輪2位の強豪スウェーデンに勝利するなど、チームをけん引している。1次リーグで5勝2敗としたLS北見の試合は英国(20日)、スイス(21日)の残り2試合。初の準決勝進出が視野に入ってきた。馬渕さんは「マリリンは、太陽のように仲間を照らし続けるまぶしい存在。この勢いで表彰台を狙ってほしい」とエールを送る。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

記者会見で平昌冬季パラリンピックの5個のメダルを見せる村岡桃佳選手(28日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ)=共同

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手(早稲田大)が28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し「5種目全てでメダルを取れるとは思っていなかった。 …続き (28日 19:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]