2018年12月19日(水)

「文章作成で副業」に注意 高額請求2社に苦情

2018/2/20 10:24
保存
共有
印刷
その他

消費者庁は20日までに、「文章作成やキャッチコピーの考案で、在宅のまま手軽に副業できる」と誘い、高額な初期費用を請求する「Social Net」と「Smart Plan」(いずれも東京)について、各地の消費生活センターに苦情や相談が相次いでいるとして注意を呼び掛けた。2社の契約書などは酷似しており、経営者は同一の可能性があるとみている。

消費者庁によると、2社は希望者にキャッチコピーを考える研修を実施した上で「本採用になった。専用サイトの製作が必要」と告げ、50万円の支払いを求めた。さらに「アクセスが集中しており、サイトを改良した方が良い」などとして約500万円を追加で求めたケースもあった。

2016年11月以降、少なくとも52人が契約し、計4400万円を支払ったが、1人当たり最大でも1万2千円程度の収入しか得られなかった。

「Smart Plan」の担当者は取材に「状況が分からず、答えられない」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報