54件不正の疑い 大阪市の下水道工事

2018/2/20 10:08
保存
共有
印刷
その他

大阪市発注の下水道工事で複数の業者が契約と異なる安価な土を使ったとされる問題で、市は19日の建設消防委員会で、工事54件で新たに不正の疑いがあることを明らかにした。市が行った書面調査で、業者が指定ではない土で埋め戻しをしたと申告した。市は調査を進め、17年度中に結果をまとめる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]