世界最大級の時計・宝飾見本市、出展企業が半減 「バーゼルワールド」

2018/2/20 9:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界最大級の時計・宝飾品の見本市「バーゼルワールド」(スイス)に異変が起きている。2018年の出展企業数は、17年に比べ半減する見通し。イベントの巨大化で高級感が失われているとの声は多く、一部の企業は他の見本市にシフトしている。高額な出展料も参加をとりやめる原因となっており、100年以上続く伝統の催しが転換期を迎えている。

1917年に始まったバーゼルワールドは、腕時計…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]