/

この記事は会員限定です

ふるさと納税、移住の一歩に 寄付者との交流後押し

[有料会員限定]

ふるさと納税をしたり転勤で住んだりして、その地域に親近感を持った人と自治体との交流を総務省が後押しする。きっかけがないと行きにくい地域を実際に訪ねる機会をつくり、伝統行事や地域活動の担い手になってもらうなどして将来の移住の芽を育てる。モデル事業として2018年度に30程度の市町村を選び、効果を検証する。

ふるさと納税などで、その地域に関心を持った人を総務省は「関係人口」と位置づける。実際に住む「定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン