不振企業の再生迅速に 私的整理ルール見直し

2018/2/19 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は経営不振の企業を速やかに再生させることを目指し、私的整理の制度を見直す。事業再生に関する裁判以外の紛争解決(ADR)手続きが対象だ。いまは金融機関が債権放棄などを話し合うしくみだが、この段階で一般企業の債権についても守る必要があるか確認する。債権カットを恐れ取引先が離れていく状況を防ぎ、再建計画を実現しやすくする。

人口減などを背景に、地方の企業を中心に経営環境は厳しさを増している。日本企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]