/

石炭火力廃止へ「覚悟を」 外務省有識者提言

外務省の気候変動に関する有識者会合は19日、エネルギーに関する提言をまとめ、河野太郎外相に提出した。世界で石炭火力発電への逆風が強まっているのを踏まえ、日本は石炭火力発電所の廃止を覚悟し「国内の石炭火力の段階的廃止のロードマップを示す」よう求めた。省エネなどで「これまで以上に高い目標の設定が必要」と訴えた。

地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が掲げる「地球の気温上昇を産業革命前から2度未満に抑える」との目標達成に向け、日本が「主導的な役割を果たしているとは言いがたい」として、再生可能エネルギーを国内外で強力に推進するよう主張した。有識者会合は議論を続け、4月には気候変動全体についての提言をまとめる予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン