/

ロシアの教会で発砲、5人死亡 「イスラム国」が声明

【ウラジオストク=共同】ロシア通信によると、ロシア南部ダゲスタン共和国の都市キズリャルで18日、武装した男がロシア正教の教会に押し入り、信者に向かって発砲した。女性5人が死亡、複数の負傷者が出た。男は逃走したが、警察に射殺された。

ダゲスタンは独立紛争で揺れたチェチェン共和国に隣接。ロイター通信によると、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

ロシアメディアによると、当時は多くの信者が日曜日の礼拝に訪れていた。男は22歳の地元住民で、銃や刃物を所持していた。地元当局が事件の詳細や動機を調べている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン