/

この記事は会員限定です

米ウーバー、日本でタクシー配車に戦略転換

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズが第一交通産業など複数のタクシー会社に配車システムを提供する交渉に入っている。ウーバーは日本のライドシェア全面解禁は当面難しいと考え、日本ではタクシー会社に配車システムを提供する戦略に切り替えた。タクシー向け配車システムを巡ってはウーバー、中国最大手の滴滴出行、日本交通の三つどもえの構図が鮮明になってきた。

強みの「柔軟な価格設定」使えず

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません