/

再起期す 松坂大輔が担ってきたもの

編集委員 篠山正幸

松坂大輔(37)が行くところ、常に黒山のひとだかり――。沖縄・北谷で行われている中日のキャンプの風景だ。きついランニングメニューのあとでも、ファンの求めに応じてサインをする姿に、プロの原点をみた気がした。

日本復帰後、ソフトバンクの3年間でわずか1度の登板にとどまり、未勝利。推定年俸1500万円プラス成績に応じた報酬で入団した中日での選手生活は事実上のラストチャンスになるかもしれない。

ブルペンで力強い投球を続ける松坂

だが、当人に悲壮感はない。全盛期の球の威力はないものの、肩など肉体面の憂いがないようで、順調に調整を続けている。

野球評論家の権藤博氏は横浜(現DeNA)が1998年のドラフトで、松坂を1位指名しながら抽選で敗れたときの監督だ。そのときからほれこみ「松坂ウオッチャー」ともなっている権藤氏は16日、60球を投じた松坂のブルペンの様子を視察して「わからない」と話した。

この「わからない」は否定的な意味ではない。権藤氏の考え方はアマチュア時代から、大事な試合を勝ち抜いてきた松坂のようなタイプの投手の力は練習では測れない、というもの。スター選手の真価がみえるのは唯一、1軍という最高の舞台でスポットライトを浴びたときだけ、という。その点、肩が癒え、いつでも投げられる状態になっている松坂に関しての「わからない」はむしろ、1軍のマウンドへの期待を込めたものといえる。

チームに与える影響、常に気遣う

15日、韓国・起亜との練習試合が行われた日。松坂は通常のブルペン投球の時間を避け、遅い時間に一人、ひっそりとブルペンで調整した。森繁和監督は「ゲームがあるときに自分が投げたらどうなるか、みなさん(報道陣)の動きもみていたと思う。ゲーム後に投げると聞いていた」と話した。松坂の行動は他の選手たちに気をつかってのこと、と思いやった。

この日が久方ぶりのブルペン。自分が投げると報道陣もファンも殺到し、試合の方の注目度が薄くなる。松坂はそこに配慮したのではないかと森監督はいうのだ。

フリー打撃など打者登板について松坂は14日の段階で「ゲームで投げられるようになるまで、どれだけ投げれば大丈夫、というのがある。そこからあまりずれないようにしたい」と調整プランを明かした。一方「(キャンプ中)1回バッターに投げられればいい。野手の迷惑にならないように」と、タイミングを見計らう意向を示していた。自分の存在がチームに与える影響を常に気遣っている。

山本昌氏や谷繁元信氏、和田一浩氏らが引退したあとの中日でビッグネームといえるのは岩瀬仁紀のみ。

観客動員も伸び悩み、1月に亡くなった星野仙一元監督から「こんなにナゴヤドームにお客さんが入ったのは(近ごろ)みたことがない。甲子園もコボスタも満員です。ガラガラなのはここだけ」と叱咤(しった)激励されたこともあった。昨年のオールスター第1戦、ナゴヤドームで行われた野球殿堂入りの表彰式の場でのことだった。

松坂を取り囲むファンの人垣は、いかに中日ファンがスターに飢えていたかを示すようでもある。

サイン会で握手する松坂(手前右)。ファンの声援がいかに力になるか知っている=共同

その輝きにすっかり魅せられた様子だったのが、15日にキャンプを視察した白井文吾オーナー。松坂に対し「ファンを大事にしなくちゃいけないという使命感を彼は持っている。それによって、ファンに支持されることが自身のプレーと密接な関係があることを自覚している」と話した。

ファンとのつながりの大切さ知る

ファンの声援がいかに力になるか。ファンとのつながりが、自身の活躍につながって相乗効果を生むという「プロの原理」を知っているというわけだ。

いかに疲れていても「嫌な顔ひとつせず」にサインをしている松坂に、ドラゴンズかくあるべし、と得心したようだった。

使命感という言葉で思い出したことがある。2009年の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)だ。

すでに西武からレッドソックスに移籍していた松坂に出陣前に聞いたことがあった。

この時期に代表として活動することにはリスクもあるが、それでも出場するわけは?

「日本代表の試合には常に出ていたい」というのが松坂の答えだった。常に代表選手として選ばれる選手でありたい、選ばれたからには出るのが当然、という口ぶりだった。

06年の第1回大会以来、3月という通常なら調整の期間に行われるWBCにピークを合わせることへの懐疑的な意見が、メジャーではびこっていた。それでもためらいなく出る、という松坂の気概に心を打たれたものだった。

09年のWBCで、2大会連続で最優秀選手に輝いた松坂だったが、レギュラーシーズンは4勝6敗と、前年の18勝3敗から大きく成績を下げた。以降、松坂は2桁勝利をあげられないままだった。メジャーでWBCへ慎重な姿勢をとる「消極派」が持ち出す事例の一つとなっている。

WBCの年に成績が落ちたということはあくまで結果でしかないが、まぎれもなく代表の試合に全身全霊をかけた日本野球の功労者。

ソフトバンクでの3年は厳しいものとなったが、プロ野球界全体として、その功に報い、心ゆくまで挑戦の機会を与えられていい選手と思われる。もちろん、そんな情緒的なものに甘えるつもりは本人には毛頭ないだろうが……。再起に期待したい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン