/

この記事は会員限定です

インドネシア・バリ島経済急ブレーキ 噴火で中国人観光客大幅減

観光立国に暗雲

[有料会員限定]

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシアの世界的なリゾート地、バリ島の経済成長に急ブレーキがかかっている。2017年11月末に同島のアグン山が噴火し、かき入れ時の年末に中国やオーストラリアなどからの観光客が激減したためだ。18年に入ってからも観光客の戻りは鈍いといい、19年までに年2000万人の訪問客を呼び込むというインドネシアの観光立国政策にも暗雲が漂う。

2月上旬、普段は観光客でにぎわうバリ島のク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン