「1強政治、面白くない」 渡部氏、玉木代表を激励

2018/2/18 19:45
保存
共有
印刷
その他

希望の党の玉木雄一郎代表は18日、福島県会津若松市の渡部恒三元衆院副議長の自宅を訪ねた。政界のご意見番として知られる渡部氏は「安倍1強」が続く政治情勢を「今ぐらい政治が面白くない時はない」として奮起を促し、玉木氏は「苦労しているが、政権を担える政党をつくりたい」と決意を訴えた。

渡部氏は吉田茂、田中角栄両元首相らの政権運営を振り返った上で、安倍晋三首相について「あんなに運の良い男はいない。与党の反主流派も、野党も(存在感が)なくなった」と指摘した。

玉木氏は「(与野党が)切磋琢磨(せっさたくま)する二大政党制にもう一度、戻していきたい」と強調。野党再編に向け「そろそろ次の展開を始めたい」と語った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]