2019年6月18日(火)

小型の新原子炉、海外で開発進む 日本も選択肢に

2018/2/18 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

現在主流の原子炉(軽水炉)より小型で安全性が高い原子炉の研究開発が北米や中国で活発だ。大型炉に比べ投資リスクが小さいのが売りだが、発電コストの面で競争力があるのか未知数だ。それでも開発が進むのは将来の原子力技術の覇権がかかるからだ。人材育成のため日本も研究に取り組む価値はある。

原子力の世界で「小型モジュール炉」と呼ばれる新型炉には様々なタイプがある。(1)主流の大型軽水炉(100万キロワット級…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報