2019年7月24日(水)
スポーツ > ニュース > 記事

羽生「次の目標、4回転半ジャンプ」 一夜明け会見
銀の宇野「これが実力の差」

2018/2/18 12:19
保存
共有
印刷
その他

【平昌=原真子】平昌五輪のフィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦(23、ANA)と銀メダルの宇野昌磨(20、トヨタ自動車)が一夜明けた18日、平昌のジャパンハウスで記者会見した。

66年ぶりの五輪2連覇という偉業を達成した羽生は「たくさんの思いを込めてメダルを取りにいった。自分が思い描いていた結果になり、思い描いたメダルをかけていることが本当に幸せ」と、満面の笑みで話した。

ハングリー精神が旺盛な羽生でも2連覇の喜びは格別だ。「正直言うと、今、若干満足しちゃってるんで。幸せなので、また不幸が来てつらい時期がくるのかな」と苦笑いする。五輪前の一番のトラブルは右足首の負傷だが、「痛み止めを飲まないとジャンプを跳べない」というほどひどく、治療が今後長引く可能性もある。しかし「いろんな人に喜びを伝えたい」と、アイスショー出演は前向きに検討している。

羽生は今、「すがすがしい気持ち」といい、スケートへの意欲は全く落ちない。次の目標は4回転半ジャンプと明言し、「取るものは取ったし、やることはやった。小さいころ描いた目標(4回転半ジャンプ)をかなえたい」と語った。

一方、17日のメダル授与式後、各メディアに出演した宇野は少し疲れた様子。「五輪2位にあまり実感はないけれど、2位はうれしい。練習したことを(五輪で)出せたことを家族は喜んでいると思う」と話した。

羽生に勝てなかったことについては「今回の結果を悔しいと思っていない。これが実力の差」と潔い。むしろ課題を実感した。「羽生選手やハビエル・フェルナンデス選手のようなジャンプの完成度の高さが僕には足りない」と、25日のエキシビション前に一時帰国し、3月の世界選手権(イタリア・ミラノ)に向けて練習するという。

初めての五輪のメダルだが、「かけたい人はみんなかけてください。保管は家族に任せます」と語った。

保存
共有
印刷
その他

平昌へ メダルへの道(雪上編)

平昌へ メダルへの道(氷上編)

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

記者会見で平昌冬季パラリンピックの5個のメダルを見せる村岡桃佳選手(28日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ)=共同

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手(早稲田大)が28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し「5種目全てでメダルを取れるとは思っていなかった。 …続き (28日 19:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。