透視線(高橋大輔)

フォローする

羽生の闘志 フィギュア会場を支配

2018/2/17 22:15
保存
共有
印刷
その他

ボン、と曲に合わせて演技を始めてすぐ、羽生結弦は会場の空気を一気に自分のものにした。演技を通して五輪にかける思いが伝わってきた。

体力への不安はあまり感じなかったが、演技後半の4回転トーループをステップアウトしたあたりから足にきていた。最後の3回転ルッツはよく着氷したと思う。

男子フリーで演技する羽生=山本博文撮影

男子フリーで演技する羽生=山本博文撮影

いつものようなギラギラ感はなくとも、静かに心の中で燃えているようだった。ケガからの復帰は想像以上に大変だったのだろう。滑れないまま五輪まで1カ月となったら、並の選手なら諦めかける。そこが羽生の違うところ。ここまで戻したことが、常人の想像の範囲を超えている。

そんな気迫のこもった演技の直後に登場したフェルナンデス。SPに続き、フリーも「いいもの見たな」という素晴らしい演技だったが、羽生のあの気迫の後では弱く見えてしまった。

1本目の4回転サルコーの着氷が微妙で、2本目は2回転になった。これが4回転だったら、全体の印象も変わっただろう。ただ、羽生が後半に4回転ジャンプを2度入れていたので、ミスなく滑っても勝てなかったかもしれない。

この2人に続いて最後に滑り、あれだけの演技をした宇野昌磨には感動した。冒頭の4回転ループの失敗は織り込み済みだっただろう。だから次の4回転フリップを決めると、気持ちが乗っていけた。このまま最後までいけるかな、と思ったら後半の4回転トーループが詰まってしまったのは惜しい。それでも好演技には変わりない。20歳で初めての五輪で銀メダル。自分の同じ年の頃を考えたらすごいと思う。

SP4位の金博洋はフリー上位4人と比べ、スケートが滑らなかった。いつもよりステップも硬かった。SP3位の宇野と僅差だったから、中国男子初のメダルを意識したのだろう。今はまだ技術点で勝負している金博洋には、「失敗できない」というプレッシャーがかかった。

フリー1位になったチェンはSPでメダル圏外となり、吹っ切れていた。朝の公式練習でもジャンプを跳びまくっていた。SPで出遅れたからこそできた演技であり、SPで上位に入ったらここまでできたかどうか。

多くの4回転ジャンプをプログラムに入れる時代になったが、上位3人のジャンプミスは1つだけ。そんなハイレベルな戦いで、日本が金銀を独占する日がこんなに早く来るとは。すごい時代になったと思う。そもそもフィギュアで金銀を独占するのは、ロシア(旧ソ連)以外では非常に珍しいのだ。羽生や宇野は簡単に超えられる存在ではないが、若い選手たちは彼らを目指して頑張ってほしい。

(バンクーバー五輪銅メダリスト 高橋大輔)

■採点表など詳細結果へ (iPhoneはこちら)

透視線(高橋大輔)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

透視線(高橋大輔) 一覧

フォローする
観客の声援に応える金メダルのザギトワ(手前)と銀メダルのメドベージェワ=上間孝司撮影

 宮原知子と坂本花織は大健闘だった。女子フリーの最終グループは緊張からか、全体的に動きが硬かったが、宮原と銀メダルのメドベージェワ(OAR)は良かった。
 回転不足を改善するのは難しいが、宮原は団体から …続き (2018/2/24)

女子SP5位の坂本(左)と4位の宮原

 メダル争いは最終第4グループの6人に、そして金、銀の争いはOAR(ロシアからの五輪選手)の2人、メドベージェワとザギトワに絞られたといえる。
 SP3位のオズモンド(カナダ)は大舞台で1つ2つミスをす …続き (2018/2/23)

五輪では観客をどれだけ味方につけるかも重要になってくる

 団体女子の採点は厳しめで、多くの選手が回転不足をとられていた。日本の2人もそう。宮原知子は練習でジャンプをたくさん跳びすぎたのが一因かな、と思った。
 ケガから復帰途上で本数を跳びたかったのだろうが、 …続き (2018/2/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]