/

この記事は会員限定です

特許切れ品が後発薬下回る 製薬にリストラ機運 22年度

[有料会員限定]

日本の医療で特徴的な「特許切れ医薬品(長期収載品)」の市場規模が2022年度にも後発薬を下回る見通しとなった。厳しい保険財政を反映し、国が高コストの長期収載品の優遇を見直して後発薬への切り替えを促すためだ。新薬と後発薬という欧米型市場に徐々に塗り替わるが、国は新薬の薬価加算も絞り込む方針。日本の製薬大手の収益環境は厳しく、リストラの機運が高まってきた。

新薬の特許が切れたら同じ成分で違うメーカーが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン