疑惑解明の一里塚に 米大統領選介入でロシア人13人起訴
特別検察官

2018/2/17 19:18
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=川合智之】2016年の米大統領選にロシアが介入した疑惑を捜査するモラー特別検察官は16日、ロシアの個人13人、企業3社を連邦大陪審に起訴した。モラー氏はロシアとの不透明な関係を巡る疑惑「ロシアゲート」の存在自体を認めないトランプ大統領の主張をまず否定し、ロシアとの共謀に迫る証拠を固める狙い。疑惑の本丸に切り込む一里塚になる。

「ロシアの反米工作は14年に始まった。私の大統領選出馬表明よりずっと前だ」。トランプ氏は16日のツイッターで、ロシア疑惑は「でっちあげ」としてきた持論を改めて展開した。

起訴状はロシアが「米政治システムに不和の種をまく戦略的目標」を掲げて大統領選に介入した実態を克明に記した。16年2月の内部指示書は「あらゆる機会を通じてヒラリー・クリントン元国務長官ら大統領候補を批判すること(ただし我々が支援するバーニー・サンダース氏とトランプ氏を除く)」との内容だったという。

現実的にはロシア関係者を米国の法廷で裁くのは難しいが、モラー氏の狙いは別にある。ロシアによるトランプ氏への支援活動を明るみに出せば、捜査を「魔女狩りだ」と非難してきたトランプ氏の主張は覆る。まずはロシア側の介入を暴いたうえで、トランプ陣営が関与したかどうか解明するという二段構えだ。

起訴状によると、首謀者は実業家エブゲニー・プリゴジン被告。ロシアのプーチン大統領に近いレストラン経営者として知られる。プリゴジン被告の出資する企業が数百人を雇い、ソーシャルメディアでトランプ氏らを応援し、クリントン氏らの名誉を傷つける情報などを流した。トランプ陣営との共謀は言及しなかったが、ロシア側が「事情を知らない複数のトランプ陣営関係者」と接触したという。

これとは別に、モラー氏は今週、計20時間にわたりバノン前首席戦略官・上級顧問を聴取した。バノン氏はトランプ氏の長男らがロシア人弁護士と面会したことを「売国的」と批判した経緯があり、捜査協力を求めたとみられる。こうした周辺捜査から共謀の実態を解き明かす意向だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]