2019年8月25日(日)

藤井五段が棋戦最年少優勝、朝日杯 中学生初の六段に
準決勝では羽生竜王破る

2018/2/17 16:29 (2018/2/17 21:56更新)
保存
共有
印刷
その他

優勝トロフィーを手に笑顔を見せる藤井聡太新六段(17日午後、東京都千代田区)

優勝トロフィーを手に笑顔を見せる藤井聡太新六段(17日午後、東京都千代田区)

将棋の史上最年少プロの藤井聡太五段(15)が17日午後、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで指された第11回朝日杯オープン戦決勝で広瀬章人八段(31)を破って優勝した。15歳6カ月での棋戦優勝は最年少記録で、中学生での優勝は史上初の快挙。今回の優勝で規定により同日付で昇段。史上最年少で中学生初の六段となった。

決勝戦終了後、藤井六段は「優勝は望外の結果でうれしい。自信になった」と語った。同日午前に指された準決勝では羽生善治竜王(47、棋聖)との公式戦初対局に勝利。「羽生先生は憧れの存在で、公式戦を戦うのが夢だった。勝利できて感無量」と喜びを語った。

この日の準決勝・決勝は約600人のファンを前にしての公開対局で行われた。決勝で対戦相手の広瀬八段が投了を告げると静まり返っていた大ホールの客席は大きな拍手に包まれた。広瀬八段は「一手一手の精度が高く、付け入るすきがなかった」と脱帽していた。

全棋士が参加する朝日杯は持ち時間が各40分の早指し戦で、優勝賞金は750万円。これまでの棋戦優勝の最年少記録は加藤一二三・九段(78)が1955年に「六・五・四段戦」(終了棋戦)で樹立した15歳10カ月だった。全棋士参加棋戦の最年少優勝は羽生竜王が87年に「天王戦」(同)で達成した17歳2カ月で、藤井六段はこの記録を大幅に塗り替えた。

決勝戦で初手を指す藤井五段(左)。右は広瀬八段(17日午後、東京都千代田区)

決勝戦で初手を指す藤井五段(左)。右は広瀬八段(17日午後、東京都千代田区)

全棋士が参加する棋戦を制した藤井六段にとって、次の目標は八大タイトル戦のひのき舞台となる。タイトル挑戦と獲得の最年少記録を持つ屋敷伸之九段(46)は「(藤井六段は)いつタイトルに挑戦してもおかしくない実力を備えている」と話す。

屋敷九段は17歳での初挑戦ははね返され、18歳の時、2回目の挑戦で棋聖のタイトルを獲得した。藤井六段は最も早くて、今秋の第66期王座戦五番勝負に16歳で挑戦することができる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。