スポーツ > ニュース > 記事

宇野、殊勲の銀メダル 冒頭転倒 立て直す

2018/2/17 15:30
保存
共有
印刷
その他

やはり羽生の壁は高かった。それでも宇野は銀メダル。笑顔で演技を終えられた。

「(羽生)結弦くんに勝ちたい。それだけがモチベーション」と言ってきた。羽生だけが「勝ちたい相手」であり、ほかの選手は「負けたくない相手」だった。

男子フリーで演技する宇野=山本博文撮影

男子フリーで演技する宇野=山本博文撮影

今季はグランプリ(GP)ファイナルでも、全日本選手権でも顔を合わせる機会がなく、宇野の覇気は目に見えて落ちていた。ついに約11カ月ぶりの顔合わせに「今季一番、気持ちの高ぶりがあった」。

フリーで跳ぶジャンプの練習はSPを行った16日朝に済ませ、この日の練習はスケーティングにとどめて準備万全だった。

羽生の好演技が、宇野をさらに高めたともいえる。最終滑走の重圧もマイペースな性格で乗り越えた。「(SP1位の羽生、2位のフェルナンデスに比べて)質やプログラムの完成度でまだまだ足りないと実感した」と語ったのはSPの後。迎えたフリー冒頭、4回転ループの転倒が悔やまれるが、その後よくこらえ、技術点では羽生をも上回った。

世界ジュニアのタイトルをひっさげてシニアで3シーズンを戦い、「攻める」をモットーに羽生の背中を追って世界のトップクラスに駆け上がった。「勝ちたい相手」が目の前にいる限り、20歳の若者はまだ伸びる。

(原真子)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

 神奈川県海老名市の内野優市長は25日、2020年の東京五輪・パラリンピック時に市内の小中学生が会場で観戦できるよう、交通費やチケット代の全額補助を検討していることを明らかにした。定例記者会見で「子ど …続き (25日 22:35)

記者会見で平昌冬季パラリンピックの5個のメダルを見せる村岡桃佳選手(28日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ)=共同

 平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子座位で金を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手(早稲田大)が28日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し「5種目全てでメダルを取れるとは思っていなかった。 …続き (28日 19:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]