/

この記事は会員限定です

東芝 最大容量のHDD量産 フィリピン工場で

[有料会員限定]

東芝は世界最大容量のハードディスクドライブ(HDD)を2018年前半にもフィリピン工場で量産する。記憶容量は14テラバイトで、データセンターなどで使われる従来製品に置き換えられる。世界的にデータセンターなどで保存するデータ容量は増加している。量産化で世界的に高まる大容量HDDの需要取り込みにつなげる。

世界最大容量HDDは、東芝として初めて内部に空気より軽いヘリウムを充填しディスク回転を安定させるなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン