/

大砂嵐を略式起訴 無免許運転で長野区検

大相撲の大砂嵐(26)が乗った車が長野県内で別の車に追突した事故で、長野区検は16日、道路交通法違反(無免許運転)の罪で大砂嵐を略式起訴した。長野簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出し即日納付された。

起訴状によると、大砂嵐は1月1日午後11時25分ごろ長野県中野市で、同3日には午前11時ごろと午後2時10分ごろ同県山ノ内町で、有効な運転免許証を持たず乗用車を運転したとしている。

捜査関係者らによると、大砂嵐は同3日午前、山ノ内町で車の追突事故を起こし、妻が運転していたなどと説明。その後の県警の調べに自らが運転したことを認め、防犯カメラなどの映像でも確認できたという。

日本相撲協会は現役力士の車の運転を禁じており、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は16日、3月9日に大阪市内で行われる理事会で処分を協議する見通しを示した。

大砂嵐はアフリカ大陸からの初の力士。2012年の春場所で初土俵を踏み、13年九州場所で新入幕を果たした。自己最高位は15年九州場所の西前頭筆頭だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン