2019年6月21日(金)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

阪神期待のロサリオ 右の強打者、今年こそ?

2018/2/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

阪神でプレーした外国人選手のキャンベルとロジャースを、どれだけのファンが覚えているだろうか。遠い昔のことでなく、昨年いた選手だ。1年で風のように去ったから印象は薄い。

本塁打を打てる外国人を、阪神はずっと求めてきた。それも、右から左へ吹く甲子園の浜風に飛球が邪魔される左打者よりも有利な右打者がお目当てだった。首尾よく右のパワーヒッターを獲得しても、そのたびに裏切られた。一昨年のヘイグも1年でサヨナラした。

DeNAとの練習試合で本塁打を放つロサリオ=共同

DeNAとの練習試合で本塁打を放つロサリオ=共同

2010年に加入したマートンは14年に首位打者になったが、本塁打は在籍6年で77本だった。3年在籍したゴメスは来日初年の14年に26本を打ったが、2、3年目は迫力が落ちた。

しかし、今年は違うという声が、沖縄・宜野座キャンプにあふれている。ドミニカ共和国出身、15年まで5シーズン、米大リーグのロッキーズでプレーした新外国人ウィリン・ロサリオの評判が、すこぶるいいのだ。28歳と若く、まじめで温厚。一塁手だが、捕手もできる。

打撃の評価が、これまた非常に高い。韓国で2年プレーしたが、16年は打率3割2分1厘、33ホーマー、120打点。17年は3割3分9厘、37ホーマー、111打点の好成績を残した。金本知憲監督は「コンパクトなスイングだが、パワフルでスピードがある」と、ひと目ぼれした感じ。

キャンプ取材の解説者らも、「引っ張る力がある」「タイミングの取り方がいい」「変化球にも対応できそう」と、高く評価している。外国人に限らず、移籍2年目に成績を落とす選手が多いが、韓国でそれがなかった実績も注目された。

ただ、キャンプの時期に「救世主現る」と持ち上げられながら、紅白戦、オープン戦と実戦を重ねるうちに評判を落とし、消えていく外国人選手が多い。これは阪神に限らない。

公式戦が近づくと、相手は容赦なく内角を攻めてくる。穴を見つけ、そこをしつこく突くのが日本流。国際交流が盛んになり、日本球界の状況も理解しているつもりでも、実際にプレーすると戸惑うことが多い。

最近はどの球団も元大リーガーとはいえ特別扱いはしない。家族が日本の日常生活になじむかどうかという問題もある。

ロサリオがその壁をどう乗り越えるか。大リーグでのニックネームはスペイン語で闘牛を意味する「トロ」だった。見かけによらずファイターらしい。「猛虎」と呼べないほど柔和になった阪神が、4番に座るトロの闘志と長打力で牙をむくか。

(スポーツライター 浜田昭八)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
糸原はベテラン投手にも自然に振る舞えるようになった共同

 阪神・糸原健斗のユニホームの胸に光る「C(キャプテン)」マークは、チーム若返りの象徴だ。矢野燿大監督のもとに改革を目指す阪神は大胆に若手を抜てき。その先頭に入団3年目、26歳の糸原を立て、主将にした …続き (5/26)

西浦は守備範囲の広さと強肩がセールスポイント共同

 大学や社会人野球でもまれた精鋭が集まるプロ野球で、高卒選手がいきなり活躍するのは難しい。特に野手がレギュラーになるには時間がかかる。だが今季、オリックス・西浦颯大がその壁に挑む。高知・明徳義塾高から …続き (4/28)

メッセンジャーは6度目の開幕マウンドに立つ=共同共同

 開幕投手に選ばれるのは、投手にとってこの上ない名誉だ。今季はこの投手を中心に投手陣を回して戦うと、監督がチーム内外に示すのだ。阪神・メッセンジャー(37)は、この大役を5年連続(6度目)で担う。 …続き (3/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]