/

この記事は会員限定です

不動産や株への不信感募る? 中国で金買い復活

商品部 今橋瑠璃華

[有料会員限定]

金の国際価格は2月上旬からのドル安を受け、一時1トロイオンス1360ドル台をつけた。金市場で存在感を高めているのが宝飾消費の規模が大きい中国だ。同国は2017年、金価格が上がるなか実需が4年ぶりに増加した。インターネット通販の普及といった消費構造の変化が背景にある。これまで実需は安値になった時の相場の下支え要因だった。高値でも買う実需の動きが定着すれば、想定以上に相場が底堅くなる場面が増えそうだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません