/

JR九州、117本減便を正式発表 3月ダイヤ改正

JR九州は16日、3月のダイヤ改正で1日あたりの運行本数を117本削減すると正式に発表した。削減幅は過去最大で鉄道事業の収支改善につなげる。ダイヤ改正を巡っては去年12月の計画公表後、沿線自治体から見直しを求める要望が相次いでいた。一部路線で通学に配慮して臨時便を運行するものの、そのほかは利用者の生活に大きな影響はないと判断、予定通りの削減本数とする。

吉都線では減便で通学が困難になる利用者が出ることが明らかになったため、平日の最終便に臨時便を運行し対応する。

3月17日のダイヤ改正では、1日当たりの運行本数が現行より117本減って3011本になる。ダイヤ改正に反対する自治体からは「地方創生の取り組みに逆風だ」などの声が上がっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン