/

米乱射、計画殺人で訴追 発煙弾やガスマスク携行

【パークランド=共同】米南部フロリダ州パークランドの高校で14日起きた乱射事件で、米司法当局は15日、計画殺人などの容疑でニコラス・クルーズ容疑者(19)を訴追した。米メディアが報じた。容疑者はライフル銃のほか、発煙弾やガスマスクも携行していたことが判明。銃や刃物に強い執着を示していたとされる。捜査当局は、容疑者が高校を退学になった経緯なども詳しく調べ、動機解明を目指す。

警察によると17人が死亡し、5人が重体。少なくとも12人が校舎内で殺害された。

米メディアによると、クルーズ容疑者は事件後、ほかの生徒に紛れて逃走しようとしたが当局に取り押さえられた。殺傷力の高いAR15型ライフル銃に加え、軍事作戦で煙幕などに使われる発煙弾やガスマスクを現場に持ち込んでいた。

犯行の際、火災報知機を鳴らしたことも分かっている。多数の生徒を教室からおびき出して撃とうとしたとみられており、発煙弾なども殺傷の効率を上げるために用意した可能性がある。

容疑者は現場のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校に在学中、他の生徒を脅迫したほか、火災報知機を鳴らすいたずらや窓ガラスを蹴って割るなどの問題行動を繰り返し、退学処分となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン