2018年9月23日(日)

福井市の油揚げ購入額、55年連続の日本一 17年家計調査

2018/2/15 19:06
保存
共有
印刷
その他

 福井市の1世帯当たりの油揚げの購入額が2017年は5852円となり、55年連続で日本一となった。総務省の2017年の家計調査で明らかになった。2位は京都市で4953円、3位は大津市で4723円だった。

 福井県は「県内は共働きの世帯が多く、手軽に調理できる総菜としての需要が大きい」(ブランド営業課)とみている。報恩講などの仏事の精進料理に欠かせない食材でもあることも大きく、同調査に油揚げが加わった1963年以降、半世紀以上にわたってトップの座を守り続けている。

 福井市はもち購入額でも日本一(3295円)だった。北陸がコメどころであることを反映していると見られ、2位が富山市、3位が金沢市と北陸3県がトップ3を占めた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報