シャープ、コードレス掃除機を発売 吸引部を簡単に脱着

2018/2/15 16:22
保存
共有
印刷
その他

シャープは15日、スティック型のコードレス掃除機を3月15日に発売すると発表した。軽量が特徴だった従来製品の重さを据え置いたまま、吸引力と静音性を高めたほか、吸引部分を簡単に変えられる機能を追加した。色は3種類で、想定販売価格は税別6万円前後から。1年間で12万台の販売をめざす。

立ったまま簡単に吸引部を変えられる

16年12月発売の「RACTIVE Air(ラクティブエア)」の新機種を発売する。

モーターを変更して最大で従来機種より30%吸引性能を強めたほか、運転音と消費電力を抑える運転モードを搭載した。吸引部は足で掃除機の先を押さえ、手元のレバーを引けば、かがまずに吸引部をブラシに変えられる。機能を増やした一方、スティック型掃除機で最軽量の1.5キログラムは維持。女性や高齢者など幅広い需要を取り込みたい考え。

従来機種は目標月産台数だった8千台を上回る売れ行きで、新製品は月産台数を1万台に引き上げた。

3月からは従来機種をもとに設計した欧州向け製品をドイツ、オーストラリア、フランスなどでも発売するという。ラクティブエアは昨秋に台湾などで発売を始めていた。今後は中国での販売も計画する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]