/

スタバ、オフィスコーヒーに参入 専用マシンを開発

スターバックスコーヒージャパンは15日、オフィスコーヒー市場に参入すると発表した。コーヒーマシンを自社開発し、オフィス内やホテル、レジャー施設などこれまで出店が難しかった場所でコーヒーを販売する。店舗と同じ豆を使い、品質の高さとブランド力を売りにする。5年で500カ所での導入を目指し、先行するネスレ日本やUCC上島珈琲などに対抗する

オフィス向けのコーヒーマシンを発表する水口CEO

新サービスは「ウィ・プラウドリィ・サーブ・スターバックス」。米国では約20年前から導入しており、約3万6千カ所で展開している。日本では16年に複数のオフィス内で試験導入していた。日本独自のブレンドの調整で、このほど「コーヒーのクオリティーを確保できた」(水口貴文CEO=最高経営責任者)として、全国での展開を始める。

まずオフィス内の社員食堂のカフェなどで販売する。ラテなど約20種類をそろえ、1日に100~200杯の提供を想定する。現状では有人での販売だが、クレジットカード決済などを活用して無人販売も今後検討する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン