2018年2月18日(日)

同僚に拳銃向けた疑い 26歳巡査長を書類送検、大阪府警

社会
2018/2/15 9:43
保存
共有
印刷
その他

 大阪府警は15日までに、職場で同僚2人に拳銃を向けたとして、此花署地域課の男性巡査長(26)を停職6カ月の懲戒処分とし、銃刀法違反(加重所持)容疑で書類送検した。巡査長は14日付で依願退職した。

 府警によると、巡査長は2017年12月27日、同署のエレベーター内で、いずれも20代の男性巡査長と女性巡査に対し、背後から名前を呼び、実弾入りの拳銃を首筋に向けたという。

 巡査長は府警の調べに「後輩とコミュニケーションをはかるため、悪ふざけでやった」と説明。15年11月ごろから、後輩4人に対し署内や交番で計十数回、同様の行為を繰り返していたと認めているという。

 宮田雅博監察室長は「今後、職員に対する指導教養を徹底し、再発防止に努める」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報