2018年2月22日(木)

米アプライド、28%増収 11~1月

ネット・IT
北米
2018/2/15 7:41
保存
共有
印刷
その他

 【シリコンバレー=藤田満美子】半導体製造装置で世界最大手の米アプライドマテリアルズが14日発表した2017年11月~18年1月期決算は、売上高が前年同期比28%増の42億400万ドル(約4500億円)だった。主力の半導体関連事業を中心に需要が堅調で、四半期ベースで売上高は過去最高を更新した。

 純利益は81%減の1億3500万ドル。税制改革に対応した特別費用で10億ドルを計上したことが響いた。特別項目を除いた実質1株利益は1.06ドル(前年同期は0.67ドル)だった。

 ゲイリー・ディッカーソン最高経営責任者(CEO)は「18年も2ケタ成長が続く」と強調。18年2~4月期の売上高は23~28%増の43億5000万~45億5000万ドルを見込む。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報