日本のメダル獲得数

スピード

小平と高木美、ダブルエース輝く 女子1000

平昌五輪
2018/2/15 1:25
保存
共有
印刷
その他

 「ベストは出し切れたので、(電光掲示板を見たときは)あ、届かなかったなという思いだった」。世界記録保持者として金メダルも十分に狙えたが、さばさばと振り返る小平奈緒の表情から「後悔」の2文字はうかがえなかった。五輪新記録を出したテルモルスが一枚上だった。

小平疾走、0秒26届かず

女子1000メートルで滑走する小平=上間孝司撮影

女子1000メートルで滑走する小平=上間孝司撮影

 心の片隅にあった疑念が勝敗を分けたか。国内外で24連勝中の500メートルと比べて、「1000メートルは正直、世界記録は出したけど、完全に私は強いんだろうかと、ちょっと信じ切れていない部分があった」。加えて、最初のコーナーまでの直線距離が短く、不利とされるアウトスタート。スピードにうまく乗れず「下手だった」。200メートルの通過タイム17秒67は、高木美にも0秒01遅れた。

 そこからの巻き返しは世界録保持者の意地といっていい。600メートルまでの1周は全選手最速で駆け抜ける。最後はペースが落ちてテルモルスに0秒26遅れたが、低地リンクの自己ベストも従来の五輪記録も上回った。

 「やっている方向は間違っていない」と平昌五輪までの道のりにも胸を張った。ソチ五輪後、オランダのプロチームへ単身武者修行に出た。

 日本に比べて少ない練習量に戸惑い、食事が合わずにアレルギーも発症した。一方で、間近で世界のトップ選手たちに接し、殺気みなぎるレース直前の集中力に感化された。前に突っ込みすぎていたフォームも助言を受けて修正した。

 今大会の1500メートルで高木美に勝ち、4大会連続金メダリストとなったイレイン・ブストと練習したときのこと。「私と共通する部分もあるんだなと知ってから、私は私でいいんだと思った」。オランダにいた2年間は「自分自身とは何かを探すような時間だった」と振り返る。

 スケートが文化として根付くオランダで、「スケートってどういうふうに楽しむんだっけ」と気づかされた。他者と比較するのではなく、自分と向き合うようになった。オランダ流のよいところを取り入れつつ、自分の限界を超える滑りに挑み続け、トップスケーターとして戻ってきた。

 だが、もはや銀メダルで満足できるはずもない。「1000メートルで3位以内というのは、(18日の)500メートルで金メダルを取るための方程式に乗っていると思う。まだチャレンジできる舞台があるので、挑戦したい」。順位に関心を示してこなかった小平の口から「金メダル」という言葉が飛び出した。雪辱へ闘志がみなぎっている。

美帆、攻めて連続メダル

高木美は「自分を出し切った上での3番」と振り返った

高木美は「自分を出し切った上での3番」と振り返った

 「銀」を獲得した1500メートルのときのような悔し涙はなかった。高木美帆はスタートから飛び出し、200メートルの通過もスピードに乗って攻めた。得意の後半で本領を発揮しきれなかったものの「今季一番のいいレースができた。自分を出し切った上での3番」。「金」に届かず、1500メートルから表彰台は1段下がっても、心は十分満たされた。

 日本のスピードスケート女子では初めて五輪1大会で複数のメダルを手にする快挙。歴史にその名を刻んだ土台には、幼少時からしばしば周りの大人たちを驚嘆させてきた天分があった。

 5歳から競技を始め、天性の滑らかなスケーティングに周囲は驚かされた。日体大時代に高木美を指導した青柳徹スケート部監督は小学生時代の映像を見てうなった。「野球で言うならボールへの指の引っかかりとか、そういう感覚器、氷のとらえ方が本当にすごい」

 地元の陸上大会で走れば好記録をつくり、中学のサッカー部では男子に交じってFWでレギュラー。15歳以下の女子有望選手を集めた日本サッカー協会の合宿に呼ばれたこともある。膝をはじめ柔軟性のある体を思うがままにコントロールできる能力は飛び抜けている。

 そんな原石が代表落選したソチ五輪から4年間かけて徹底的に磨き上げられた。所属の垣根を越えて日本のトップ選手が集結するナショナルチームに入り、オランダ人のヨハン・デビット・コーチの指導の下、最先端のトレーニング手法で肉体改造に励んだ。「重心が安定し、スケートの操作性が上がった」と日体大の青柳監督は目を見張る。元来の高い身体能力に加え、パワーがついたことで“出力”も上がり、総合力で世界と渡り合えるまでになった。

 小学生のころから高木美を知る小平は「はい上がる力を見てきた。たくましくなった」と目を細めた。世界屈指のオールラウンダーへと突き進む23歳は、いま輝きを放ち始めたばかり。今大会はまだ団体戦が残されているが、4年後の北京大会の個人種目が早くも楽しみになる2つのメダル獲得だ。

(金子英介)

■記録など詳細結果へ (iPhoneはこちら)

保存
共有
印刷
その他

平昌へ メダルへの道(氷上編)

スピード 一覧

小平(右)はスピードスケート競技で日本女子初の金メダルを狙う=共同共同

 スピードスケート女子500メートルは18日に行われ、日本からはエースの小平奈緒(相沢病院)が出場する。世界記録を持つ100 …続き (18日 2:30)

笑顔を見せるスピードスケート女子1000メートルで銀メダルの小平奈緒選手(右)と銅メダルの高木美帆選手(14日、江陵)=上間孝司撮影

 「ベストは出し切れたので、(電光掲示板を見たときは)あ、届かなかったなという思いだった」。世界記録保持者として金メダルも十 …続き (15日 1:25)

13日、氷上で練習する小平=上間孝司撮影

 14日に行われるスピードスケート女子1000メートルは、小平奈緒(31、相沢病院)と高木美帆(23、日体大助手)の両エース …続き (13日 19:45)