2018年5月26日(土)

5/26 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「無目標」企業の株価軟調 潜む成長サインで再評価も[有料会員限定]
  2. 2位: 円、急伸はつかの間 「トランプ流」に慣れ[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 4日ぶり反発、13円高 米朝関係悪化の懸念後退
  4. 4位: マレーシア債務隠し、ギリシャに酷似 日本のリスクは3倍?[有料会員限定]
  5. 5位: 自動車各社の純利益、全社1000億円以上 得意な市場で販売増[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,669,086億円
  • 東証2部 99,348億円
  • ジャスダック 113,613億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.35倍 --
株価収益率14.84倍15.28倍
株式益回り6.73%6.54%
配当利回り1.60% 1.63%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,450.79 +13.78
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,440 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月25日(金)14:18

官房長官 米朝会談中止「北朝鮮への圧力継続」[映像あり]

ロス商務長官 6月2〜4日に訪中

5月25日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

底値で買え、黄信号 日本株に「1兆円」売り圧力
証券部 富田美緒

2018/2/14 22:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 株式市場の動揺が続いている。14日の日経平均株価は取引開始直後に120円強上昇したが、午後には290円以上の下げに転じる場面があった。下値を拾おうとする投資家の行く手を阻むのが、CTA(商品投資顧問)と呼ばれる海外のヘッジファンドの売りだ。機械的な売りで「二番底」への懸念が強まれば、株価反転には時間がかかる可能性がある。

 「『底値で買え』ではなく『上値で売れ』だ」。米ゴールドマン・サックスの株式…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

新着記事一覧

読まれたコラム