/

この記事は会員限定です

iPhoneに中国の半導体メモリー アップルが検討

紫光集団グループ会社を想定

[有料会員限定]

【台北=鄭婷方】米アップルがスマートフォン(スマホ)iPhoneなどの製品に、中国企業の半導体メモリーを採用する検討に入った。コスト削減が狙いで中国国有半導体大手、紫光集団傘下の長江ストレージからの調達を想定している。ただ、半導体は機密保持など安全保障における重要性が高く、まずは中国国内向け製品に限り採用するとみられる。

複数の関係者が明らかにした。採用を検討しているのは電子機器のデータ保存を担う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン