2018年10月16日(火)

バス新路線巡り法定協 岡山市長「年度内にも」

2018/2/15 1:31
保存
共有
印刷
その他

岡山市の大森雅夫市長は14日の記者会見で、タクシー事業を手掛ける八晃運輸(岡山市)による岡山市中心部の循環バス「めぐりん」の新路線開設を巡り、地域交通網の形成計画についての法定協議会を招集する方針を示した。大森市長は「事業者の考え方を聞きたい。できれば年度内にも開きたい」と述べた。

市中心部と東部の西大寺地区を循環する新路線に関しては、競合する両備グループ(岡山市)が赤字路線を維持できなくなるとして反発。岡山市内などを走る赤字31路線の廃止届を中国運輸局に提出した。

市長は岡山県や県内の関連自治体とも連携して対応する考えを示したうえで「市民の足の確保へ最大限の努力をしていきたい」と強調した。

両備グループの廃止届については「公共交通の確保は非常に重要で残念だが、小嶋光信代表としての問題提起は1つの考え方だと思う」と一定の理解を示した。

一方、これまで法定協を開いてこなかったことに関しては「市内のバス路線に関する問題の論点整理をしたうえで、次のステップとして法定協に持って行こうと思っていたところだ。事前協議があった方が良かったのかは何とも言えない」と述べるにとどめた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報