2018年5月22日(火)

立川市、立川駅北口デッキにエスカレーター設置

2018/2/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

 東京都立川市はJR立川駅北口の歩行者用デッキに新たなエスカレーターを設置する。同駅北口地区の歩行者専用道路「サンサンロード」(市道)との接続用に整備するもので、14日に発表した2018年度予算案に詳細設計費1200万円を計上した。20年春の完成を予定している。

 エスカレーターは北口デッキとサンサンロードをつなぐ階段に付設する。上り・下り両用で延長20メートル、幅員は2.5メートル。

 サンサンロードは同市が同駅北口から北側に伸びる新たな都市軸として整備した歩行者・自転車専用道路。同道路沿いには不動産開発の立飛ホールディングス(立川市)が20年春の完成を目指し、多目的ホールやホテル、オフィスビルなど計9棟を近く着工。市は街の回遊性や利便性向上を目的にしたインフラ基盤としてエスカレーターを設ける。同駅周辺の歩行者用デッキに接続するエスカーターを市が設置するのは今回で7カ所目。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報