銀座の群馬県アンテナ店が移転 3月から一時休業

2018/2/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

群馬県は14日、東京・銀座にあるアンテナショップ「ぐんまちゃん家(ぐんま総合情報センター)」を移転のため3月21日にいったん閉店すると発表した。5月中旬に新店舗で再オープンする。新店舗では新たに群馬の食材を使ったレストランを併設する。

現店舗は歌舞伎座と道路を挟んだ一等地にあるが、家主側の意向で契約更新ができなかったという。新店舗は店舗・共同住宅複合ビルの1~2階で、松坂屋銀座店を再開発した商業施設「GINZA SIX」に近い。

ぐんまちゃん家は群馬県産の食品などを販売するほか、観光PRイベントも開いている。休業中は都道府県会館(東京・千代田)内に仮事務所を設置し広報活動や観光案内、移住相談に応じる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]