2018年10月17日(水)

10/17 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NY株急反発、「動揺と恐怖」は消えたか[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均大幅高、米株高追い風 上昇基調回復なお遠く[有料会員限定]
  3. 3位: 緊急点検・同時株安の行方 市場「株高シナリオなお」[有料会員限定]
  4. 4位: 東証前引け 大幅続伸、米株急反発で心理改善 外需株の上げ目立つ
  5. 5位: ネットフリックス「成長神話」復活か 契約伸び再加速[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,841.12 +291.88
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,890 +470

[PR]

業績ニュース

ダイキンの17年4~12月期、純利益23%増 アジア・米国事業が好調

2018/2/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

ダイキン工業が14日発表した2017年4~12月期連結決算は、純利益が1539億円と前年同期比で23%増え、4~12月期としては5年連続で過去最高を更新した。中国で富裕層向けの住宅用空調機が好調だったうえ、半導体製造や自動車部品に使うフッ素製品も伸びた。米国での法人減税も利益押し上げにつながった。

売上高は1兆7224億円と13%増えた。米州を含めた海外事業がけん引した。中国の売上高は2863億円と15%増加。富裕層の大型住宅を効率的に空調できる製品の販売が増えた。米州は14%増の4325億円、アジア・オセアニア地域は16%増の2394億円とそれぞれ好調だった。両地域ともに販売網を拡充し、少ない電力で効率的に部屋を冷やせる製品の販売拡大につなげた。

フッ素樹脂・ゴムを手掛ける化学事業の売上高は1304億円と19%増加。半導体ウエハーの洗浄に使うフッ素樹脂や、自動車の燃料ホースの原料となる耐熱性が高いフッ素ゴムが伸びた。

熱交換器に使う銅が世界的な景気回復に伴い値上がりするなどしており、原材料価格の上昇が220億円の利益圧迫要因となった。一部製品でアルミニウムへの切り替えを進めるなど対策を強化したのに加えて増収の効果もあり、営業利益は2011億円と8%増えた。米国の法人減税は約190億円の税金費用の減少につながった。

18年3月期通期の純利益見通しは前期比20%増の1840億円とし、従来予想から190億円引き上げた。米国の法人減税による利益の押し上げ効果を織り込んだ。売上高については前期比11%増の2兆2700億円とするこれまでの計画を据え置いた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム