2018年5月21日(月)

5/21 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上げ相場に潜む伏兵 車などに環境規制のハードル[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 続伸、3カ月半ぶり2万3000円台 売買代金は低水準
  3. 3位: 2017年度の増収率1位は任天堂 増益率上位にソニーなど[有料会員限定]
  4. 4位: 武田の7兆円買収、日米の投資銀6社が集結[有料会員限定]
  5. 5位: 物言う株主、三井住友銀の親密企業に照準 潜在力を評価[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,002.37 +72.01
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
23,010 +80

[PR]

記者の目

フォローする

日産、蹉跌の本質
証券部 星正道

2018/2/15 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日産自動車が「米国の在庫調整」と「完成車の無資格検査」という2つの問題に揺れている。一見すると別々の文脈で起きた蹉跌(さてつ)のようにも見えるが、底流には共通点がある。短期収益の過度な追求だ。倒産寸前だった日産を世界有数の自動車グループに育て上げたカルロス・ゴーン取締役会長の「コミットメント経営」は今、制度疲労による弊害が目立ち始めている。

 日産は今月8日、2018年3月期の連結営業利益予想を前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL


記者の目 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム