2018年8月21日(火)

東芝テック、海外子会社で不正会計 6億円の費用計上

2018/2/14 19:11
保存
共有
印刷
その他

 東芝テックは14日、海外子会社で不正会計が発覚し、利益を架空計上していたと発表した。2017年4~12月期連結決算で6億2400万円の費用を計上した。今後は海外現地法人や支店の管理を強化するほか、社内調査委員会の調査結果を踏まえて不正に関与した従業員を処分する。

 不正が発覚したのは、東芝テックドイツ画像情報システム社のスペイン支店。同支店の従業員3人が09年ごろから17年まで、支店の損益を改善するために利益を架空計上し、その行為を隠すために実体がない複合機のリース契約をしていたという。現地で外部専門家を交えた調査を実施していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報