2018年5月25日(金)

日本射程ミサイル、数百基 首相が北朝鮮の脅威強調

2018/2/14 21:00
保存
共有
印刷
その他

 安倍晋三首相は14日の衆院予算委員会で、日本のほぼ全域を射程に収める北朝鮮の中距離弾道ミサイル「ノドン」がすでに数百基配備されているとの認識を明らかにした。ノドンに核兵器を搭載できるかについては明言を避けた。「核実験をすでに成功させ、核を保有している」と述べ、北朝鮮の脅威を強調した。

 首相はノドンに小型核兵器を搭載して起爆できる状態にあるか、米国などの情報を収集していると説明。そのうえで「確たることは答えられない」と語った。小野寺五典防衛相も「ノドンに核弾頭が載せられ、有効に機能するのかは慎重に分析している」と述べるにとどめた。希望の党の後藤祐一氏への答弁。

 首相は防衛戦略の基本原則「専守防衛」に関し、方針は堅持するとしつつも「防衛戦略として考えれば大変厳しい。相手の第一撃を甘受し、国土が戦場になりかねないものだ。先に攻撃した方が圧倒的に有利だ」と語った。自民党の江渡聡徳氏への答弁。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報